スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千紫万紅PV 製作解説

  • 2010/09/18 12:54
  • Category: 映像
千紫万紅がJOYSOUND配信決定を記念して、PVの誰得製作解説をしようと思います。
いまさらかよ!というツッコミはいくらでもお受け致します(^ω^)

ただ、ちょっと量が多いです。ごめんなさいー><









雨と牡丹と人斬り抜刀斎
07_千紫万紅.wmv_000013366

追憶編のシンボルである牡丹の花。
雨の中を歩く人斬り抜刀斎。

牡丹の花にフォーカスをズラす演出を利用しています。お分かりの通り、「ガウスブラー」です。
「CC Rain」で雨を降らせていますが、フォーカスがズレると同時に速度が速く、細かい雨に変わります。
これは別レイヤーで雨を用意しておき、牡丹と同じタイミングで「ガウスブラー」と「不透明度」を使って同時に入れ替えているだけです。

また、同じ雨を2レイヤー使用しており、後ろのレイヤー1枚はガウスブラーでぼやかし、鮮明な線とぼやけた線が同時に落ちるよにしています。
夜の雨なので、少しぼやけたようなしぶきのような感じにしたかったんですけど、そうは見えないかもw



禍々しい雲と雨天
07_千紫万紅.wmv_000016766

この空はプラグインを利用して作っています。TinderBox1に入っているT_Skyというプラグインです。
これは平面から色々な空を作り出す事ができるプラグインで、一言で言えばチートです。

空を回転させると同時に、雨の向きも3D空間を意識した向きに変更しています。
細かすぎて伝わらない演出だったかも・・・

文字の出現は「波紋」、不自然さを無くすために放射状ブラーも併用。



実写背景と歌詞
07_千紫万紅.wmv_000026900 07_千紫万紅.wmv_000033633

今回利用させていただいた実写背景は全てゆんフリー素材集さんからお借りしました。
1枚目の色調変更は、「グロー」、「トーンカーブ」、「色相/彩度」を利用。
2枚目は「色相/彩度」で彩度を上げたり下げたりしてるだけです。

このムービーに関して依頼していただいた内容は「和風」という事だけでしたので、文字は基本的に縦文字で書いています。
文字の出現は境界線をボカしたマスクを利用しています。
アニメーションプリセットを利用した文字の出現はある意味コミカルで、こういったガチ曲かつ和風の演出にはマッチしなかったためです。

また、文字に関してですが、1枚目で文字の背景が黒でぼやけているのは、文字の後ろに同じ形で白い文字を5個くらい複製し、ガウスブラーでぼやかしています。レイヤースタイルでドロップシャドウを使う方法もありますが、今回はそれよりも濃くしたかったためにこういう方法を取りました。
ただしこの方法を利用する場合は、マスク移動の設定などを全て終わらせた後に複製しないと作業量が大変な事になるので、工程を考えながら作るといいです。



光が花びらに変化
07_千紫万紅.wmv_000034600 07_千紫万紅.wmv_000035700

変化してるようにみえるだけー
実際は光と花びらの動画素材を同じ速度で1回転させて、途中で不透明度切り替えしているだけです。
イーズイン・イーズアウト(グラフでの速度調整)を利用した回転だと実際に光から花びらに変化したように見えますよね。



和風のイメージは黒・白・赤
07_千紫万紅.wmv_000038300 07_千紫万紅.wmv_000041466
07_千紫万紅.wmv_000044933

自分の中にある和風の配色イメージは黒・白・赤、あと渋い緑や金くらいで、こういった演出しか思いつかなかったっていうw
花びらは追憶編のイメージである「牡丹」の花びらを意識しています。
桜の花吹雪の動画素材の、色を赤くし、スピードを速めてそれっぽくしました。
・・・後から知ったんですが、牡丹の花は、散る時は花ごとボトッと落ちるっていう(;^ω^)



スーパー書道タイム
07_千紫万紅.wmv_000051600

以前AE講習をやった時にも解説しましたが、リアルタイムに文字を書く演出です。
製作方法はこちらのVIDEO COPILOTのチュートリアルを参照(解説は英語なので注意)
ちなみにこれは「線」を利用し、少しずつ本来のオブジェクトを見せる事で実現していますが、その線の太さに限界があるため、ある程度の大きさになると対応できなくなります。
墨で文字を勢いよく書く演出なので、書いている途中に背景に墨を飛ばしました。この墨をせっかく3D配置しているのに、しっかり奥行きを感じさせられない配置をしてしまったのが反省点。



血しぶきブシャー
07_千紫万紅.wmv_000057300

この障子と雪降影はニコニコモンズの動画素材をお借りしました。
背景を3D表示し、影が通る間に血しぶきと文字を出現させていく。
文字だけ残り、文字が傾きながら下に落ちていく。ぐにゃーんとなっているのは「タービュレントディスプレイス」を併用しているからです。なんだか雨で流れ落ちているように見えませんか?



カメラのレンズに雨が流れているような
07_千紫万紅.wmv_000068300 07_千紫万紅.wmv_000071733

この画面がうにゃうにゃしてる演出はTinderBox1の「T_Heathaze」。
水中の表現や、砂漠の陽炎の表現など、表現の幅が広いプラグインです。



雪景色
07_千紫万紅.wmv_000082333

CC Snowとグロー。
この2つのエフェクトはパラメータの値が一部共通らしく、同じオブジェクトに併用してみると、グローの強度を上げる事でCC Snowの降る速度が遅くなり、最終的に上に向かって動くようになります。
このカットでも明るくなればなるほど雪の動きが鈍くなるのが分かると思います。



実写背景と歌詞
07_千紫万紅.wmv_000088033 07_千紫万紅.wmv_000097766

ゆんフリー素材集様のお力は偉大じゃ・・・
桜の背景は「色相/彩度」でモノクロにしていき、「トーンカーブ」でコントラストを強め、更に暗く。
山と湖の背景は、出現と暗転のグワァーッは「CC Thershold」。雲は「フラクタルノイズ」、同じ動き(展開)の雲を二重に配置、前面はシャープな雲、後ろは複雑度を下げまくった霧のような感じで合成。



配色天国
07_千紫万紅.wmv_000102433 07_千紫万紅.wmv_000105166
07_千紫万紅.wmv_000109733 07_千紫万紅.wmv_000173100
07_千紫万紅.wmv_000176233 07_千紫万紅.wmv_000180033
07_千紫万紅.wmv_000209966 07_千紫万紅.wmv_000213466

和の配色事典に載っていた配色をお借りしました。
「転々」の背景の円は、サイトで動画素材を配布しています。こういった使い方以外にも使い道があると思いますので、興味のある方はどうぞ。
植物みたいなのはVIDEO COPILOTのEvolutionです。



牡丹の花とオールドノイズ
07_千紫万紅.wmv_000153300

牡丹の花の映像はOpen Space様、オールドノイズはニコニコモンズでそれぞれお借りしました。
牡丹の花は動画素材が綺麗すぎてオールドノイズで古びたようにしても違和感が出たため、「ガウスブラー」で輪郭をボカし、「ポスタリゼーション時間」でFPSを15だったか10だったかに落としました。



和傘
07_千紫万紅.wmv_000159033 07_千紫万紅.wmv_000168000

3Dオブジェクト172個で死ぬほど重かったです。
この箇所が最も難航するのが分かっていたため、他の部分を作り終え、最後の1日でこの部分を仕上げました。
スペック向上させたPCで製作しましたが、この和傘演出だけで丸1日かかってます。Core i7涙目wwwwww

最後、雨と共に傘が吹っ飛んでくのは、「雨の中の赤い和傘、転じて巴との対面」は過去のシーンである、というのを意識しています。



梅の匂ひ狂い咲く
07_千紫万紅.wmv_000184833

梅の枝がウヒョーイ
例によってEvolutionの素材です。便利ってレベルじゃねーぞ・・・
全て赤ですが、明るい赤や暗い赤など、差を設けています。




下から昇る光
07_千紫万紅.wmv_000187333 07_千紫万紅

この光はCC Snowを単体で書き出し、動画素材として読み込み、上下を逆にして利用しています。
CC Snowは「下から上に雪を降らせる」という事ができないため、この手順を使います。
このカットでは、CC Snowの動画素材を3つ使い、グローで色を付ける際に青、青緑、緑の3色にして、同時に表示しています。
また、昇る角度にも差をつけていますので、ほとんど違和感無く作れたと思います。



スーパー墨演出タイムその2
07_千紫万紅.wmv_000200666 07_千紫万紅.wmv_000202733
07_千紫万紅.wmv_000205900

一度目は文字を書いていく演出でしたが、二度目は単に3D感強調の演出です。
文字・墨、全てのオブジェクト配置の奥行きに差をつけ、カメラの位置を変更すると同時に向きも変更する事により、3D感を強く引き出しています。
ポイントは、移動が必要ない部分でも微妙にスライドさせる事。移動が必要ないからといってピタッと止まってしまうと、「画像」になっちゃうんですよ。3D配置した場合は、ただ微妙にスライドさせるだけでも「映像」に昇華できるので、有効に利用しましょう。




ススキかっこよすぎワロタ
07_千紫万紅.wmv_000215866

夕日に映えるススキの動画素材はOpen Space様からお借りしました。
更に、太陽にレンズフレアを追加して、フレアリングやゴーストを追加しています。



剣心と巴
07_千紫万紅.wmv_000224733

イラストの背景を白背景にし、全体に対してグローをかけ、しきい値を下げて背景のみを光らせ、逆光っぽい演出。
更に上部と下部にそれぞれレンズフレアをかけて仕上げ。





こんな所かな・・・?
分からない所や知りたい事があったらコメントでどうぞ!

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bamboosword.blog56.fc2.com/tb.php/311-0d53bdf5

Comment

ぬい

以前ライブで作業風景を見せてもらったのですが、その時に使っていた無料動画編集ソフトは何でしたでしょうか?
画面の大部分が灰色のツールでいっぱいだった記憶があるのですが・・・。
ブログにはプラグインの説明が載ってたのですが、どのソフトとかは書いてなくて(´;ω;`)
ほんとうに基本的な質問ですみませんです。<(_ _)>
千紫万紅がかっこよすぎるので、当方も少し映像をいじってみたくなりましたw
  • URL
  • 2010/10/05 17:17

Nyto

コメントありがとうございます。
自分の使っている動画編集ソフトはAfterEffectsというソフトで、無料ではないんです><
アカデミック版で買うと非常に安くなるので、是非触ってみて下さい!
  • URL
  • 2010/10/06 14:00

ぬい

コメントありでした^^少し調べてみます。
  • URL
  • 2010/11/20 16:10

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。