スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

stainless moon -Re:birth- PV製作解説

  • 2010/12/12 12:36
  • Category: 映像
今回はstainless moon -Re:birth-のPVの勢作内容を紹介します。

stainless moon -Re:birth-は、がっくっぽいどコンテストで入賞した、mayaさんの応募作品”stainless moon”のリメイク作品です。
PVを担当させていただきました。
イラストを描いてくださったのは藤代叶さんです。

やっている事はだいたい分かると思いますので、こだわった部分だけの紹介にとどめますね。
stainless moon -Re:birth-


http://www.nicovideo.jp/watch/sm11574592






月落下時の衝撃波
slmr_1.png

月が落下、コーン・・・コロコロ・・・
月は白平面+円形マスク。落下中のキラキラはニコニコモンズでお借りしました。

落下した瞬間の衝撃波の作り方を紹介しますね。

1.衝撃波っぽい画像を描く。実は絵が得意です。
 fra.png

2.Shineで衝撃波っぽくする。Shineが無い場合はグロー、ブラー(放射状)を併用して構成します。
 →画像として出力し、画像素材として新規コンポに取り込む。
 fra2.png

3.境界線をボカした出現マスクと消滅マスクをかけて完成。あとは3D空間に配置するだけ。
 slmr_1.png






切り裂いてくれた
slmr_2.png slmr_3.png

少しずつ暗くなり、真っ暗になった瞬間に斬る演出、斬ったかくぽ出現。
そこから雪の背景が出現しますが、それと同時に背景に合わせてがくぽの色調も変更しています。
暗闇を切裂く精神の内面から、客観的な外面に移行したつもりです。

stainless moon -Re:birth-のPVは色合いにこだわろうと決めていたので、こういう部分はしっかりしているように感じます。





切り裂いてくれた(二回目)

二度目は暗くなりきる前に切り裂きます。
がくぽの切裂いているモーションは、2枚のイラストをモーフィング処理で作り出しています。
さらに、そのままではヌルヌル動いてしまって違和感を感じたため、ポスタリゼーション時間エフェクトで描画回数を減らし、違和感を拭いました。

ヌルヌルしすぎ ←クリックすると動画DL

フレームレートを落として自然に ←クリックすると動画DL






クレジット
slmr_7.png


幻想的な雰囲気を目指してみました。月、木、雪だけの簡単な構成です。

木はガウスブラーでぼやかしています。
次に雪。Brizzerdのプラグインを用いた降雪のレイヤー12枚で構成し、奥行きを出しています。
このBrizzerdエフェクトは雪のサイズをドット数で計算しているらしく、プレビュー画質を下げると正常に表示されません。
重ねる場合は雪だけ先にレンダリングしておき、動画素材として合成すると処理的にもGoodですが、細かい部分の調整をしたかったので今回はその方法は使いませんでした。
結果、ものすごい時間をかけてしまう事に・・・><

上記と月のイラストを合わせ、調整レイヤーでグローをかけて全体を明るく。
さらにその上に、4点カラーカーブを適用した平面をオーバーレイで重ね、月の色合いを幻想的にしました。
分かりづらい部分かもしれませんが、月の光の色が、右側は緑、左側は紫、という感じ微妙な着色をしています。

最後に画面端4点を暗くして、完成です。





このstainless moon -Re:birth-のPVは、何も思いつかなくてかなり苦しんだ記憶があります。
お気づきの方も多いとは思いますが、ニコニ・コモンズやOpenSpace、その他の動画素材に頼りまくっております。

いつもは704×396という特殊なサイズで製作していますが、このPVは少し特別だったのもあり1280×720のサイズで作りました。
高画質版のダウンロードはSkyVoxのMovieページからどうぞ
http://nyto.sakura.ne.jp/skyvox/

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://bamboosword.blog56.fc2.com/tb.php/338-a4b2c3f6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。